重陽の節句


桃の節句や端午の節句、七夕の節句は広く知られていています。

このほかにもあと二つの節句があることをご存知ですか?
1月7日の「人日の節句(じんじ)」、
9月9日の「重陽の節句(ちょうよう)」です。

年に5回の節句があり【五節句】といわれています。
季節の作物を感謝をこめて神様に奉げたり
季節の植物の力によって邪気を払い、成長を願う日とされていました。

 

「重陽の節句」とは……
古来中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」と考えられ、
陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」の節句としたいわれがあります。
しかしながら、日本ではほぼ[太陽暦]で表され、カレンダーには9月9日に「重陽」と
記されています。

風水は月の運行を基準とした[太陰暦]で節句は決まっているので、
本当の「重陽の節句」は今年は10月9日なのです!

この時期はちょうど秋。
収穫時でもあることから、「栗ご飯」や秋茄子の「焼き茄子・煮浸し」などを食べるようです。
また重陽の節句は別名「菊の節句」ともいわれることから、お酒に菊の花を浮かべた菊酒で
長寿を祈ったそうです。
ちょうど、重陽の節句の頃に咲き誇る菊の花は、その香りが邪気を祓い、長寿をもたらすと
いわれています。

%e9%87%8d%e9%99%bd%e3%81%ae%e7%af%80%e5%8f%a5

 

 

 

風水改運中心では、その他にも、正統・本物の風水用品・風水アイテムを多数取り揃えております。
また、風水改運中心 オンラインストアも豊富な品揃えでお客様をお待ちしておりますので、是非ご来訪・会員登録ください。
オンラインストアへ